ソフィア・堺 トップ > 天文台
天文台




当館6階にある天文台には、大阪府下最大級の口径60cmの反射望遠鏡があります。
週1回のペースで行っている「天体観察会」では、この望遠鏡の他、15センチ大型双眼鏡なども用いて堺の街から月や惑星、星雲などを御覧頂いています。


開催日時 毎月第1・3・5週の土曜日と、第2・4週の金曜日に開催しています。
*曇天雨天の際は中止となります。中止判断は当日17時の時点で決定します。
 詳しくは本ページをご覧ください。
*お電話でのお問い合わせは中文化会館事務室(072-270-8110)までお願いします。
*事前申込みは不要です(入退場自由・無料)。
場  所 ソフィア・堺 6階 天文台
料  金 無料
申  込 事前申込みは不要です。当日直接6階の天文台までお越しください。
<10月〜3月>19時から、エレベータが稼働します。20時半まで観察会を行ないます。
<4月〜9月>19時半から、エレベータが稼働します。21時まで観察会を行ないます。
お 願 い 小学生以下の方は、保護者同伴でお越しください。

★ 今月の星だより

印刷はこちらのファイルをダウンロードしてお使いください。




★ スタンプカードを作ってみました

「天体観察会で、惑星8個全部見られたらいいね!」
ふとそんな思いつきから企画が始まってしまいました。惑星スタンプラリー。
なにしろ60センチの望遠鏡ですからね。天王星だって海王星だって楽々見えちゃいます。このふたつは見たことないって方が多いのでは?是非お越しください(見えない時期もあります)。
ひとつだけ難しいのが水星です。60センチだと低空は狙うことができないので...。条件の良い日に、双眼鏡などを用いて「臨時水星観察会」を行なったりしています。
さぁ果たして8惑星を全部見ることができるでしょうか?1回の参加では達成できません。何度かお越しいただかないと...。達成者にはプレゼントをご用意しています。チャレンジしてみてください!
なお、上級編として星雲星団ラリーもあります。
[写真:こんなカードをお配りしています]


★ はやぶさ2地球スイングバイ観測に成功!

12月3日、はやぶさ2の観測を行いました。
はやぶさ2は去年12月に打ち上げられた小惑星探査機です。この日、地球の重力を使って加速や軌道変更を行うスイングバイのため、地球に接近しました。
ソフィア・堺では、地球に接近するはやぶさ2を観測に挑戦しました。

[写真:観測風景]
はやぶさ2は望遠鏡を使っても眼視での観測が難しいため、当日は天文ボランティアさんと協力して、特殊な撮影設備を用いて観測を行いました。
夕方に雨はあがり天候は晴れ。撮影は無事に終えることができました。あとは、データを解析してはやぶさ2が写っているかどうかを確認するだけ。

翌日、撮影した写真(数百枚の画像データ)を調べてみると、はやぶさ2らしき軌跡が写っている写真が!職員は大喜びするも、その後詳しく調べるとはやぶさ2の軌道とは微妙に異なる天体だと判明。別の人工衛星だったようです。

引き続き、データの解析を進めていると、別の写真に微かな光の線が写っていました。
はやぶさ2の軌道データと照らしあわせ、今度は間違いなく「はやぶさ2」でした!

みなさんは「はやぶさ2」がどこに写っているかわかりますか??
矢印の先に微かに見える、斜めの線がそうです。
[写真:はやぶさ2の軌跡]


★ 望遠鏡のメンテナンス

天文台の望遠鏡のメンテナンスを行いました。
府下最大級の60センチ望遠鏡を分解!その心臓部である主鏡をキレイに洗浄します。
というのも長年の活躍によって、主鏡にはホコリや汚れがたくさん...。3日間にわたる作業の結果、ピカピカになりました。
さて見え味はいかがでしょう?ぜひ皆さんの目でお確かめください!
天体観察会は、毎週実施しています(曇天時は中止です)。


★ 4月4日月食観察会

ソフィア・堺の中庭で、皆既月食の観察会を行いました。
まずはプラネタリウムの天文教室で詳しい説明を聞いた後、外に出てみると、空一面の雲!
少し前までは青空が見えていたのですが。
チラリと雲間から月が見えたこともありましたがほんの一瞬で、あとはずっと天気の悪い状況が続きました。160名のお客様にご参加いただき、望遠鏡をズラリと並べて待ち受けていたのですが、残念です...。
次回、日本で観測できる皆既月食は3年後の2018年1月31日です。




▲ページトップへ