ソフィア・堺 トップ > プラネタリウム > イベント情報



★ 天文教室
タイムリーな天文情報などを、天文スタッフが詳しくご紹介します。

「国際宇宙ステーション」
宇宙から地球を見下ろす「国際宇宙ステーション(ISS)」。6名の宇宙飛行士がそこで生活をしています。
宇宙での暮らしとはいったい?日本人宇宙飛行士のお仕事は?夜空でいつ見える?ISSのヒミツを紹介します。
●日時:4月21日 18:00〜
●場所:プラネタリウム室
●定員:166名
●申込:4月3日から事前予約開始です。中文化会館窓口またはお電話(072-270-8110)にて先着順!

「星の一生」<終了>
冬の夜空を辿っていくと、生まれたばかりの赤ちゃん星から年老いた星、果ては死んでしまった星の跡などを見ることができます。
冬の星座をめぐり、星の一生を追いかけます。その後天気が良ければ屋上の60cm望遠鏡で様々な天体を観察します(定例天体観察会)。
●日時:1月20日 18:00〜
●場所:プラネタリウム室
●定員:166名
●申込:1月6日から事前予約開始です。中文化会館窓口またはお電話(072-270-8110)にて先着順!


天文教室プレミアム
天文学の研究現場から講師の先生をお呼びして、最新の天文情報をお話ししていただくプログラムです。

「彗星は太陽系のタイムカプセル」<終了>
地球上の生命はどこから生まれたのか。地球が誕生した当時の太古の太陽系の姿は。
それを探るうえで重要な天体が「彗星」をはじめとする小天体です。日々変化を遂げていく惑星などと違って、彗星や小惑星には太陽系が生まれた46億年前の記憶が眠り続けています。
彗星の研究を通じて、太陽系や地球が誕生した当時の姿を追いかけます。
講師:京都産業大学 河北秀世教授
●日時:2月18日 16:30〜(15:30・16:30の投影を振替えて実施)
●場所:プラネタリウム室
●定員:166名
●申込:2月2日から事前予約開始です。中文化会館窓口またはお電話(072-270-8110)にて先着順!
●料金:無料

「宇宙のおしごと!〜太陽電池編」<終了>
JAXAの人工衛星などに搭載されている「太陽電池」。実は堺市の企業であるシャープ株式会社が作ってるって知ってました?
太陽電池の専門家の方をお招きして、お話していただきました。
講師:十楚博行さん(シャープ株式会社エネルギーソリューション事業本部)
●日時:9月18日 13:00〜(12:00・13:30の投影を振替えて実施)
●場所:プラネタリウム室
●定員:166名
●料金:無料

©NASA


★ ひゃくまんさんがやってきた!<終了>
7月21日に石川県の人気キャラクター「ひゃくまんさん」がソフィア堺にやってきました。
詳しくはこちらの報告動画へ(Youtubeへ移動)
●日程: 7月28日 13時から
●会場: 堺市中区深井清水町1426 ソフィア堺館内1F
●問合せ: 072-270-8110(ソフィア堺)
●予定:
13時〜 館内練り歩き・ノベリティ配布(1回目)
15時〜 館内練り歩き・ノベリティ配布(2回目)
17時半 じゃんけん大会・ノベリティ配布
18時〜 「ヒーリングプラネット〜百万石の星空」上映(上映後にお見送り)

▲ページトップへ